HOナロー ミニセクション完成

n1

n4

まだ腰痛が辛いのですが,気軽に手軽にと言う感じでミニセクションを作りました。
机の上にポツンと置けるサイズで200mm×250mmの超小型サイズです。
今回は特に買い足したものもなく,主に廃材や在庫品でセミスクラッチしましたので
制作費用はゼロ円です。まさに究極のエコだったりします(笑)。

n5

n6

n7

質素な軽便鉄道には,こんな感じの寂しい無人駅が似合う印象です。
しかしかなり小さいセクションですが,雑草関係は結構な量を使いました。
お陰でストックが随分減ってしまいました。案外エコではないですね・・・

お目汚しと言う事で・・・。

御訪問有難う御座いました。

とても簡単な大型凸電

おひさです。相変わらずヘルニアの治療に専念していますが
チョコッとだけHPの方は更新しています。また宜しくドウゾ。

病の事もあってか趣味にもイマイチ乗り気になりません。
そんなこんなで所持しているNゲージ車両の90%を処分しました。
最初はどうしようかとも迷ったのですが,無くなってみると意外と
淡白な感覚でして,無けりゃ無くてもイイカ・・・と割り切れてます。 


散話休題。

88688f11-s

3f0b604a-s

製品名 : とても簡単な大型凸電(南海タイプ)

アルモデルのNゲージブランドであるアルナインから発売されている
真鍮キットで,フリーの凸型の電気機関車になります。 
まぁキットと言っても基本的にハンダ付けも接着も不要の簡易キット
ですから初心者でも簡単に作れてしまうのが嬉しい所ですね。
動力はKATOのBトレなどに使う小型動力をそのまま使用します。
ライトのみを銀河モデルの250W用を使用しましたが後は素組みです。

1ece04b7-s

9a583bf9-s

de165848-s

モールドも必要最低限という感じですが,仕上げ方次第では良い感じになります。
こちらの機関車もとうの昔に売っ払らって現存しません。

久々の更新は若桜鉄道から

御無沙汰でした。相変わらずヘルニアの治療に専念しています。
回復度は残念ながら30%程度で未だ未だなのですが
余り手を動かさないのも腕が錆びそうで怖いのでチマチマとやってました。
(ま,まぁ元々大した腕ではないのですが・・・)

wakasa (1)

wakasa (2)

wakasa (3)

wakasa (4)

製品情報 : 鉄道コレクション第19弾

第19弾ではNDC(Nippon Decimal Classification)と呼ばれる
軽快気動車をチョイスしており,18m級をラインナップとしています。
製品は鳥取県で活躍中の若桜鉄道の車両で,地元沿線自治体の可愛らしい
イラストが施された仕様になっています。また床下機器やディーゼルエンジン等も
細かく再現されてあって,19弾ともなるとこの辺りは手馴れたもんです。

wakasa (5)

車体自体には大きな加工は施していませんが,窓ガラスにカーテンを再現しました。
それから信号炎管やエアホースなどを別パーツで取り付けてあります。
また屋根や床下機器などは,フラットベースを追加した灰色で再塗装してプラ臭さを
緩和してみました。ウェザリングは他車両などと同じくいつも通りのやり方です。

wakasa (6)

次回更新はいつになるか未定ですが,また宜しくお願い致します。
近況報告も兼ねて御紹介させて頂きました。


更新休止のお知らせ

5月下旬より持病の腰痛が悪化してしまい
遂に椎間板ヘルニアになってしまいました。

現在は通院を続けながら何とかやっておりますが
模型活動に関しては腰痛が酷く,まともに動けません。
必然的にPCに向かう気力もなく暫く何もできない状態でした・・・。

そんな訳で病気がマシになったら再開したいと思います。
また近況報告などが出来ればお知らせ致します。

ほんと・・・無理はいけませんね。 情けなや~・・

(管理人 : YANチョ)

kan4

ミニカー紹介

vw (1)

今回はミニカーを紹介させて頂きます。
サイズは1/87ですからHOナロースケールになりますね。

vw (2)

vw (3)

vw (4)

vw (5)

前回紹介したナローセクションにと思い,同スケールの軽トラを探してたのですが
なかなか国産のものが見つからず,漸くこれを見つけたという訳です。
御覧の通りのワーゲンのトラックです。実車はワーゲンのトランスポーター(バン)
で後部を露出させたタイプになるんだそうで,様々なバージョンがあるみたいです。

製品はドイツ製のシュコーというメーカーです。現在は他の会社の傘下に
なってますが今もミニカーを製造しているそうです。外国製のミニカーなら
そこそこお値段も?と思うかも知れませんが,某量販店で投売りされてました。
ミニカーの世界では1/87は異質な存在なのかも知れませんね?
実際のところ,ミニカーフロアでは少数派でしたし。

ミニカーはボディのみがダイキャスト製でプラと併用したものです。
カラーはバラして全面的に塗り直してます。またワーゲンのロゴも隠しておきました。
幌も付属してますが,私は荷物を乗せて作業車っぽく仕上げてあります。 

 

セクションレイアウト完成へ

top1

・・・と書きましたが路面電車の方ではありません。
併用して同時進行していたナローゲージのセクションレイアウトになります。

top2

top3

何せ私の制作している車両がナローとは言え,サイズも形状もフリーなもので
既製品のストラクチャーが殆ど使えません。お陰で駅舎や構造物はもちろんの事
信号機から農機具まで全てスクラッチするハメになってしまいました。

top4

でもそのクオリティは別として(汗),色んなものを自作して作ってると
凄く面白いというか,想像力を掻き立てられて実に充実した内容になりました。

確かに時間の節約,クオリティの高さを求める事も大切かと思いますが
じっくり1つずつを,自分で作り上げて行く楽しみも忘れちゃいけないと感じました。

サイト の方も御覧頂けると幸いです。

 

セメント袋・米袋を自作

今回は趣向を変えまして小物制作を御紹介致します。
似た様な手法はありますが一応我流です。

20170605 001

今回は釣具屋などで売ってる板オモリとスタイロフォームの欠片を使います。

20170605 003

今回制作したのは1/80~1/87サイズになります。
スタイロフォームの大きさは10mm×7mmとしました。
厚みは各々で自由に決めて下さい。厚すぎは不細工になりますが・・・
上記のサイズに切ったスタイロフォームを板オモリで包みます。
中のスタイロフォームを上下左右,完全に包み込む事が大事です。

20170605 005

端っこを親指の爪のRを利用して,ギュッと中央に押し込む様に抑えます。
撮影の為,画像は片手ですが本来は左右同時にやります。

20170605 006

20170605 007

両端の余分な所をハサミで切ればズタ袋の完成です。

20170605 010

爪楊枝などを使ってシワなどを表現するとリアルに見えます。

20170605 012

ダークイエローやグレー系を塗りました。慣れれば意外と簡単に量産できます。
小さいので作業が大変ですが,何とかNサイズも作れるかと思います。

市販品と違って好きな様に形状を変えれるのが良いですね。
・・・って市販品ってありましたっけ?(笑)。
 

レイアウト製作中です

拙い・キタナイ作品で非常に恐縮なのですが・・・
ここ最近で御紹介して来たジオコレなどを使いまして・・・

ry (1)

ry (2)

ry (3)

路面電車が走るミニレイアウトを制作中であります。
各建物の配置も終了し,電停や寺院なども配置しました。

ry (4)

ry (5)

後は小物類やその他の装飾品などをちまちまと配置して行くのですが・・・
実はナローのセクションも同時進行していまして,色々と時間を費やしております。
まぁ本当は1つに絞れば良いのですが双方に魅力がありまして(笑)。

ry (6)

何とか完成にまで持って行きたいもんです。

 

(ジオコレ)怪しい?施設・・・

20170429 007

20170429 008

20170429 009

20170429 010

20170429 011

現在制作中のミニレイアウトの小高い丘に建つ施設という設定です。
ジオコレの温泉宿シリーズの ”鉄筋造りの温泉宿” を使用しています。

塗装変更で少し怪しげな研究所?という雰囲気に仕上げてあります。
昭和の特撮番組に出て来る,謎の施設に使われそうな井出達だったので
全体を古ぼけた感じにしてみました。要するにレイアウトの隠れアイテムってやつです。
建物の周りに不思議な機械や黒塗りの車を置いて盛り上げてみましょうか?。
それとも人形を全身黒タイツにして見張りの戦闘員でも立たせましょうか?(笑)。

真面目な中にある ”遊び心” を演出してみたいなと思った訳です。
但しすぐに解るとつまらないですから上手にカモフラージュする予定です。


(ジオコレ) 喫茶店・カフェ2

20170411 017

製品情報 : 084-2 建物コレクション(駅前歓楽街シリーズ2)


2014年発売分の現行品になります。
コーナーに特化した三角形状が特徴のカフェと,四ツ矢サイダー(笑)のロゴが目立つ
喫茶店です。駅前歓楽街シリーズ自体が,昭和時代をターゲットにしているので
こちらの2つのビルも,やはり何処となく ”懐かしい感” が満載のデザインです。

20170411 018

20170411 019

レイアウトを制作するにあたってネックとなっていたコーナー部分ですが
こう言うコーナーに設置する事を前提にした形状は本当に助かります。
まさにありそうで無かった模型の1つですね。別物でバリ展もお願いしたい所です。

20170411 020

20170411 021

一方,喫茶店が入るビルですが二階部分のテントの形状や一階部分の丸い
装飾窓を見ると,昭和世代の人間は思わずニヤリとしてしまう演出です。
私は昭和の刑事ドラマやサスペンス劇場のヒトコマが思い浮かびました。
きっと店内には赤い公衆電話やテーブルタイプのTVゲームがある事でしょう(笑)。

20170411 022

2つ共良い味を醸し出していますが,同じものを複数個使うと個性が強過ぎて
かえって不自然に見えるかも知れません。この辺りは難しい所ですね。

今回は製品のままで,簡単なウェザリングだけ施しておきました。
時代設定にもよりますが,昭和の建物にはウェザリングが良く似合います。

オリジナルの軽便車両(単端)

Nゲージの既製品が殆どの世界で,一体何人の方に
見て頂けてるのか・・・非常に不安ではありますが(笑)
今回は当サイトで展開中の軽便車両を御紹介します。

kiha03 (1)a

kiha03 (2)

kiha03 (3)a

kiha03 (4)

KATOの小型動力を用いて作ったナロー(風)車両です。
(風)と付いてるのは完全なフリーで,正確なスケールが無い為です。
各社パーツやジャンクパーツを使用していますが,ボディは0.3mmの
プラ板でスクラッチしています。屋根は4mmのバルサ材です。

最初はナローも既製品が欲しかったのですが,この世界の模型も
結構お高いので,私には到底買い揃える事ができません。
だったら手作りで良いじゃん・・・というのがきっかけでした。
今はスクラッチの方がユルくて好きです(笑)。

kiha03 (9)


お目汚しにもなりませんが,勇気を出して(笑)御紹介させて頂きました。

 

鉄コレ改造のフリーディーゼルカー

今回は趣向を変えて,当サイトの架空地方鉄道の車両を御紹介します。
どちらも鉄コレのフリー12m級をプチ改造したディーゼルカーです。 

a_20160909-191753

a_20160909-191919

a_20160909-191931

img_20160909-190538

まずはキハ420形です。気動車なので屋根の機器類を削り落として
GMのキハ04に付属していたバケットを片側に付けました。
ライトは銀河の250Wを直接オデコにくっ付けてます。

a_20161007-180432

a_20161007-180243

こちらは同じくGMのキハ04の前面と,鉄コレ12m車を合体させて作ったキハ200。
前面と側面の高さが違ったので,合わせるのに非常に苦労した記憶があります。
廃車寸前のオンボロ気動車という設定にしましたので,派手に汚してみました。
御供の客車はGMの板キットの旧国をショーティー化したものです。
台車が電車風なのが残念ですが,軸間が合うレリーフ台車が無かったので
仕方ありませんでした。まぁあくまで雰囲気重視と言う事で・・・。

因みにこの作品の屋根はエアブラシを使わず筆塗りだけで再現してあります。
上手にやれば意外とエアブラシを使用しなくても良い感じになるものです。
 

(グリーンマックス)路面電車停留場

0tei (1)

0tei (2)

0tei (3)

0tei (4)

0tei (5)

製品情報 : グリーンマックスNO46-2 路面電車停留場


割と昔から販売されているプラキットですね。
製品には対向式のホームが2面,簡易停留場タイプが2つの計4つの
乗り場が制作出来る様な構成になっています。また付属品も充実していて
使い方次第では自分也にアレンジした停留場が作れます。

現在制作中の路面電車のミニレイアウトは単線仕様になっていますので
私は1つだけを制作しました。本来ならば端にスロープが付いた構成なのですが
制作中のレイアウトは,ホームと道路の高さが面一になる様にしてますので
横から乗車するタイプに変更してあります。また広告や看板などはプラ板の上に
ジオコレのシールの余剰品を貼って,あちらこちらに設置してみました。

0tei (6)

道床付き線路だと若干高さが合いませんが,まぁ許容範囲でしょう。
製品にはジオコレ同様に,ややキツイ目のウェザリングを施してあります。
言うまでもありませんが,このキットは無塗装ですから自分で塗る必要があります。

0tei (7)

こちらは簡易タイプです。自作できそうですがキットがあると楽です。


(ジオコレ) BAR・寿司店

snack (1)

製品情報 : 建物コレクション131 BAR寿司店

塗装からみて2014年に発売されたオープンパッケージのものかと思います。
以前ここで紹介した 肉屋 とパン屋の3件セットで発売されていた様です。


snack (2)

snack (3)

snack (4)

私は肉屋さんと一緒にバラシの状態で手に入れました。
このモデルも昭和に見られた店舗を上手く再現してありますね。
寿司屋なんかは下町にありそうな佇まいで,特別な高級店という造りではなく
近くの常連客が通う店みたいなのを勝手に想像してしまいます(笑)。

snack (5)

今回は色変えもせず,そのままの状態で墨入れとドライブラシで仕上げています。
また歩道の部品が不足してましたのでプラ板&棒で自作しました。

ジオコレの場合,看板や手摺といった付属品は軟質のプラ素材を使用していますので
どうしても厚ぼったい造形になりますが,接着剤不要で簡単に組み立てられるのを
ウリにしている所もありますから,仕方ないといえば仕方ないでしょうね。

この辺りはGMやKATO製のストラクチャーに軍配があがりそうですが,種類の豊富さ
や廉価さを考慮するとジオコレも全然悪くはないです。まぁ精密な造形を求める方は
自作する方が殆どなので,あくまでも手軽で気軽な部類になるのでしょうかね?

・・・とは言え最近ジオコレも妙に値段が上がって来てる気がするんですけど。

(ジオコレ)雑居ビル・バー

20170411 006

製品情報 : 建物コレクション駅前歓楽街 (085)

駅前歓楽街と銘打ったビル群のシリーズです。
どちらも昭和レトロな外観ですが,今でも普通に見かけるビルですね。

20170411 007

20170411 008

雑居ビルは看板類のパーツが充実していて,如何にもありそうな演出が出来ます。
今回は壁の色をグレーに塗り替えてみました。加工などは施していません。

20170411 009

20170411 010

バーと題したビルですが今風のお洒落なBARではなく,まさに昭和40年代にあった
独特のデザインが素晴しいです。モルタルの粗い感じも良い感じの造形ですし。
看板を差し替えるなどすれば喫茶店としても使えそうです。
こちらは製品のものをそのまま使用しています。ウェザリングのみです。

それにしても近頃のジオコレは随分精度が上がりました。
お値段の方も随分上がりましたけど,まぁ仕方ないでしょうね。
時間があれば自作すれば良いですが,あるに越した事はないでしょうし。


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
★★★
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作(ストラクチャー)へ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ