n3372

模型でも路面電車で遊べる様に,併用軌道用の線路が発売されていますが
確かに実感的ではあるものの,整然とし過ぎてちょっと物足らなさを感じます。
そこで実車の路面軌道の様子を見てみます。

ro (5)

ro (6)


路面軌道と言うと石畳風になった印象を受けますが,この阪堺の線路付近は
普通のアスファルトで構成されているものが多い様です。近くで見てみると
アスファルトが劣化したり,やり直したりしている箇所がありますね。

ro (4)

停留場付近の様子です。こちらも結構,劣化しています。
よく見ると軌道内と車道の境界線を示す,石のブロックがあるのが解ります。

ro (1)

ro (2)

ro (3)

また場所によっては石畳ではなく,ブロックプレートの様になっている所もあります。
そのプレートの形状も色々あって,バリエーションがあるのが解りますね。
アスファルトよりも丈夫そうに見えますし,メンテも区画ごとで出来るので便利です。

こう言った些細な部分を模型でも再現してやると,単調な感じが払拭されて
リアルに見えるかも知れません。当然,走りに支障の出ない程度にですが・・・。
いつか作ってみたいセクションの1つだったりします。