meet (1)

meet (2)

meet (3)

meet (4)

こちらも2005年に街コレ第3弾として発売されたものの再販になります。
ジオコレ初期にあたる製品ですので,本製品も歪みや大雑把な所はありますが
下町によくある精肉店の印象を上手く再現してあります。

meet (5)

覗き込まないと見えませんが,店内のショーケースや間取りなども再現してあって
開発者の心意気と言うか熱意を感じますね?量産品でよく頑張ってる方です。
今回は壁の色も他の部品も自分のイメージとピッタリだったので塗り替えてません。
いつもの様に墨流しとドライブラシなどで軽く仕上げておきました。

私の場合,元々模型車両でも過度なディテールや正確さを求めていませんので
当然ながらそれと同居するストラクチャーに精密さを求めたり感じる事はありません。
まぁそれはそれで楽しみはあると思いますが, 全体の雰囲気が良ければ問題ないです。
どうせそんな神業も技術も持ち合わせてないですしね(笑)。