img_20170422-065103

品番 : NT114 (後期型クーラー仕様)

実車は昭和32年に登場した以後の土佐電を代表する形式ですね。
製品は三菱電機製の冷房装置を搭載した姿を再現してあります。

img_20170422-065123

img_20170422-065138

既に発売中の土佐電600型のバリエーションになります。
板バネ式の集電板に,ユニバーサルジョイントを介した動力伝達方式を採用した
ここの路面電車シリーズでは御馴染みの動力機構になっています。またパンタグラフは
造形が少々チャチに見えますが丈夫な金属製で,細くシャープな出来が好ましいです。
製品は中古で手に入れたものです。HPを見ると連結器はダミーになっていますが
これは連結可能なものになっていたので,前ユーザーが取り替えたのかも知れません。

img_20170422-065148

img_20170422-065157

最近のモデモ製品は車高が下げられ実感的になっていますが,この製品は未だ
車輪径が大きく路面車両にしては腰高になっているのが特徴で,この仕様を嫌がる
ユーザーも居ますが当社しか発売していない形式も多く,ラインナップの豊富さは
特筆すべき点でしょう。私は逆にこの車輪の大きさがデフォルメチックで
個性があって可愛いので好きです。また前面看板やバックミラーの取り付け方が
ユニークで面白いです。結構しっかり嵌るので脱落の心配も少ない様ですし。

img_20170422-072516

加工等は施していませんがインレタが劣化して使えなかったので,Bトレの広電に
付属していたシールを代用して貼りました。まぁ無いよりはマシという感じですかね?
後はライトリムに銀色を差したり,屋根とクーラーを塗り直して墨入れ。床下や台車などを
エアブラシでウェザリングしてあります。ちょっと汚しすぎましたが私の好みです。