snack (1)

製品情報 : 建物コレクション131 BAR寿司店

塗装からみて2014年に発売されたオープンパッケージのものかと思います。
以前ここで紹介した 肉屋 とパン屋の3件セットで発売されていた様です。


snack (2)

snack (3)

snack (4)

私は肉屋さんと一緒にバラシの状態で手に入れました。
このモデルも昭和に見られた店舗を上手く再現してありますね。
寿司屋なんかは下町にありそうな佇まいで,特別な高級店という造りではなく
近くの常連客が通う店みたいなのを勝手に想像してしまいます(笑)。

snack (5)

今回は色変えもせず,そのままの状態で墨入れとドライブラシで仕上げています。
また歩道の部品が不足してましたのでプラ板&棒で自作しました。

ジオコレの場合,看板や手摺といった付属品は軟質のプラ素材を使用していますので
どうしても厚ぼったい造形になりますが,接着剤不要で簡単に組み立てられるのを
ウリにしている所もありますから,仕方ないといえば仕方ないでしょうね。

この辺りはGMやKATO製のストラクチャーに軍配があがりそうですが,種類の豊富さ
や廉価さを考慮するとジオコレも全然悪くはないです。まぁ精密な造形を求める方は
自作する方が殆どなので,あくまでも手軽で気軽な部類になるのでしょうかね?

・・・とは言え最近ジオコレも妙に値段が上がって来てる気がするんですけど。