20170411 017

製品情報 : 084-2 建物コレクション(駅前歓楽街シリーズ2)


2014年発売分の現行品になります。
コーナーに特化した三角形状が特徴のカフェと,四ツ矢サイダー(笑)のロゴが目立つ
喫茶店です。駅前歓楽街シリーズ自体が,昭和時代をターゲットにしているので
こちらの2つのビルも,やはり何処となく ”懐かしい感” が満載のデザインです。

20170411 018

20170411 019

レイアウトを制作するにあたってネックとなっていたコーナー部分ですが
こう言うコーナーに設置する事を前提にした形状は本当に助かります。
まさにありそうで無かった模型の1つですね。別物でバリ展もお願いしたい所です。

20170411 020

20170411 021

一方,喫茶店が入るビルですが二階部分のテントの形状や一階部分の丸い
装飾窓を見ると,昭和世代の人間は思わずニヤリとしてしまう演出です。
私は昭和の刑事ドラマやサスペンス劇場のヒトコマが思い浮かびました。
きっと店内には赤い公衆電話やテーブルタイプのTVゲームがある事でしょう(笑)。

20170411 022

2つ共良い味を醸し出していますが,同じものを複数個使うと個性が強過ぎて
かえって不自然に見えるかも知れません。この辺りは難しい所ですね。

今回は製品のままで,簡単なウェザリングだけ施しておきました。
時代設定にもよりますが,昭和の建物にはウェザリングが良く似合います。