乗り物関連

ミニカー紹介

vw (1)

今回はミニカーを紹介させて頂きます。
サイズは1/87ですからHOナロースケールになりますね。

vw (2)

vw (3)

vw (4)

vw (5)

前回紹介したナローセクションにと思い,同スケールの軽トラを探してたのですが
なかなか国産のものが見つからず,漸くこれを見つけたという訳です。
御覧の通りのワーゲンのトラックです。実車はワーゲンのトランスポーター(バン)
で後部を露出させたタイプになるんだそうで,様々なバージョンがあるみたいです。

製品はドイツ製のシュコーというメーカーです。現在は他の会社の傘下に
なってますが今もミニカーを製造しているそうです。外国製のミニカーなら
そこそこお値段も?と思うかも知れませんが,某量販店で投売りされてました。
ミニカーの世界では1/87は異質な存在なのかも知れませんね?
実際のところ,ミニカーフロアでは少数派でしたし。

ミニカーはボディのみがダイキャスト製でプラと併用したものです。
カラーはバラして全面的に塗り直してます。またワーゲンのロゴも隠しておきました。
幌も付属してますが,私は荷物を乗せて作業車っぽく仕上げてあります。 

 

浜寺公園のナローゲージ

naniwago (1)

大阪府堺市の浜寺公園内には,ナローゲージを使用した遊覧列車が走っています。

naniwago (2)

naniwago (3)

naniwago (4)

機関車は明治時代に走っていた阪堺電鉄で使用されていた小型蒸気機関車の
”浪花号” をモチーフにしたデザインになっています。但し外観はSLですが中身は
96PSのディーゼルエンジンを搭載している,所謂ディーゼル機関車になってます。

よく見ると後続の客車と台車が連接構造になっています。
線路軌道が762mmですし,園内エンドレスにはかなりの急カーブがありますから
それの措置でしょうかね?(今回撮影してませんが一応,踏切もトンネルもあります)

naniwago (5)

naniwago (7)

付随の客車も全部連接構造になっています。展望風のデッキが良いですね。
このくらいの造形でしたら,何とかプラ板で自作できそうな雰囲気です。
遊覧目的ではありますけど,ナロー車両が実働する姿は魅力的でした。

 

砂利運搬船

sp (1)

sp (2)

模型の紹介 では運材船という名称になってますけど正式名称でしょうか?
私の地元,大阪の淀川や大川を自走して砂利を運ぶ姿はすっかり御馴染みです。
模型を見た時はやけにシンプルだなぁと思ったのですが,実際もシンプルです(笑)。

sp (4)

sp (6)

sp (7)

船舶模型が好きで昔は何艘も作ったもんですが,この船だけは模型化されず
ならばいっその事,自作してやろうと思い資料を集めまくってました。
こうやって見るとまさに ”働く船” という感じですね。
お世辞にも美しいとは言えませんが,この荒っぽさが格好良いです。

sp (8)

実際に砂などを積むと沈没するんじゃないの?と思うくらい沈んでます。
模型 は喫水線の位置が高いので,運搬中の姿を再現するのであれば
だいぶ下部を詰めないといけませんね。嗚呼・・・面倒臭そう(笑)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
★★★
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作(ストラクチャー)へ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ