実際の画像

阪堺グリーンベルト

gb (1)

gb (2)

阪堺電気軌道の綾ノ町~御陵前にはグリーンベルトと呼ばれる区間があります。
この区間は一応併用軌道ですが,低い柵や花壇が車道を区切ってますので
扱いとしては専用軌道の様な感じになっているのが特徴です。

gb (3)

区間中には幾つかの電停もあります。こんな感じに配置されてます。

20100203 038

gb (6)

基本は併用軌道ですから,途中で車や人が横断できる様に区切りが途切れている
部分があります。当然ですが信号が設置されてますから電車も停車します。

gb (5)

ビルや民家に紛れて走る姿も路面ならではのシーンですが
こういった演出も面白いですね。模型で取り入れてみたいです。

昭和な感じの万屋と靴屋

どちらもストラクチャー作りの為に撮ったものではありませんので
1枚しか画像がありませんが,あしからず・・・ 

01

まずは万屋さんです。
両端の自販機が無ければ,まさに昭和そのものの佇まいです。
私が子供の頃はコンビニが無かったので,こういった万屋や駄菓子屋で
お菓子やジュースとかを買ってました。ジュースを冷やす冷蔵庫や品物を陳列する
棚とか台を見てると 「ああ・・・こんなだったよなぁ」 と思い出します。
Nスケールだと小物などの製作が大変ですが,全体の雰囲気は参考になります。

01 (1)

こちらもレトロ感たっぷりの靴屋さんですが,現役なのが嬉しいです。
靴の表現をどうするか悩む所ですが,靴屋さんも作ってみたいですね。

どちらも個人経営の店と言う点では,あまり見かけなくなった気がします。
でも未だ未だ頑張っておられるお店も沢山ありますから
こっそりと邪魔にならない様にですが(笑),記録して行けたらと思ってます。 

乗り物は懐古主義ではないのですが,建物はどうも駄目ですね(笑)。
何と言うか・・・昔の方がデザインがお洒落な感じがするんですよ。 
 

阪堺電気軌道の駅員詰所

img_20140709-090336

今回は恵美須町駅の端っこにある駅員の詰所を御紹介致します。

img_20140709-090342

木造2階建ての構造になっていて,詰所というよりは信号場の施設みたいに見えます。
このまんまのスタイルで鉄道模型のストラクチャーがありそうです(笑)。

img_20140709-090554

反対側に回ってみると梯子が設置してあって,これで2階に登って行く様です。
梯子の劣化具合を考えると,どうも2階部分は現在は使用されていない様子です。
開業当初の頃はどんな使われ方をしていたのでしょうか?職員の仮眠室とか?・・・

img_20140709-090910

すぐ傍には人1人がやっと通れそうな細くて可愛らしい踏切もありました。
こういうアプローチもレイアウトで取り入れると,面白いかも知れませんね。
最後に全景を掲載しておきます。何かの参考になれば良いかと・・・

20121107 059 20121107 060

こういう施設も市内じゃ珍しくなって来ましたね。
 

併用軌道の様子:その1

n3372

模型でも路面電車で遊べる様に,併用軌道用の線路が発売されていますが
確かに実感的ではあるものの,整然とし過ぎてちょっと物足らなさを感じます。
そこで実車の路面軌道の様子を見てみます。

ro (5)

ro (6)


路面軌道と言うと石畳風になった印象を受けますが,この阪堺の線路付近は
普通のアスファルトで構成されているものが多い様です。近くで見てみると
アスファルトが劣化したり,やり直したりしている箇所がありますね。

ro (4)

停留場付近の様子です。こちらも結構,劣化しています。
よく見ると軌道内と車道の境界線を示す,石のブロックがあるのが解ります。

ro (1)

ro (2)

ro (3)

また場所によっては石畳ではなく,ブロックプレートの様になっている所もあります。
そのプレートの形状も色々あって,バリエーションがあるのが解りますね。
アスファルトよりも丈夫そうに見えますし,メンテも区画ごとで出来るので便利です。

こう言った些細な部分を模型でも再現してやると,単調な感じが払拭されて
リアルに見えるかも知れません。当然,走りに支障の出ない程度にですが・・・。
いつか作ってみたいセクションの1つだったりします。
 

阪堺 姫松電停の待合室

20140426 092

阪堺電気軌道上町線にある姫松電停になります。
天王寺方面のみですが,明治末期に建てられた待合室が今も健在です。

20140426 094

20140426 096

20140426 097

20140426 098

20140426 099

20140426 109

画像はちょっと古いものでして,全体的に塗装が劣化していますが
昨年春に全て綺麗に塗り直されています。

私は建築物の専門知識が無いので,細かい事は解らないのですが
曲線を描いた装飾柱や壁の造りなどに当時のモダンさを感じますね。
時代的に見ても阪堺電気軌道になる前から建っている貴重な待合室だと思います。

何気に普通に利用されているのが,阪堺らしいと言えばらしいですね♪。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
★★★
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作(ストラクチャー)へ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ