鉄橋・ガーター橋など

跨線橋 (その1)

29 (24)

29 (23)

29 (27)

大阪環状線の天王寺~新今宮に架けられている跨線橋です。
この区間は大和路線(関西線)と併走しているので複々線になっていますが
天王寺駅での線路配置の影響で,無理矢理に進路変更しているのが解ります。

線路が敷かれている敷地の幅が4線分なので,跨ぐにしても余裕がなくて
コの字型の橋脚で路盤を支えているのがユニークですね。
スペースの確保が難しい小型レイアウトなどで活用できそうです。

29 (21)

因みにこの場所ですが,大阪環状線で唯一の踏切がある場所として有名です。
大阪城公園駅付近の地上区間は知られてますが,ここも僅かな地上区間になります。
当然ラッシュタイムは開かずの踏切になります。意外と利用されてるみたいですが・・・

使命を失ったガーター橋 

siomibashi (27)

ns9

南海電鉄の高野線の一部である,通称汐見橋線になります。
芦原町~木津川にある複線ガーター橋なのですが・・・

20140510 036

ガーター橋の下には川がありません。何なのでしょう?・・・
答えは嘗てここに下十三間川という川が流れていたのですが
都市開発の一環で埋め立てられてしまったそうでして,橋だけが残って
今に至っていると訳です。つまりトマソンになっちゃったんですよね?
汐見橋線が如何に昔からあったかを知る生き証人になっています。

ns6

こういうのを模型に取り入れるのも面白そうです。
なかなか難しい設定ではありますが・・・


ガーター橋 その2

0han (1)

0han (2)

0han (3)

大和川を渡る阪堺の大ガーター橋です。川幅が広いので何連も連なってます。
橋脚が鉄柱で出来てますから一般的な橋脚とは違った雰囲気ですね。
こういった橋は模型では余り見かけないので1度はトライしてみたいです。
それにしても単行の路面電車が走ると何だか変な感じがします(笑)。

0han (4)

因みに上流側に遡ると南海高野線が走ってます。こちらも連続ガーター橋です。
同系列の会社なのか全体的なデザインが似ていますね。
たぶんどちらも結構古い鉄橋だったと思うのですが・・・
 

ガーター橋 その1

kin

何処ででも見かける風景です。小さな川を跨ぐガーター橋ですが
川に沿う様に走る道と踏切,ガードレール,土手の雑草の生え具合などが参考に。


kin (2)

kin (1)

ガーター橋は比較的簡素な造りに見えますから,自作しても良いでしょう。
線路内のガイドレールや渡り板?の設置も効果的ですね。

kin (3)

小さな道が横切るので短いガーター橋が架かっています。
土台の石積みの感じも相俟って,ちょっとしたアクセントになりそうです。
因みに手前の踏切はJRのもので近鉄と併走しています。模型みたいです。

kin (5)

kin (4)

こちらは単線電化の長い目のガーター橋。
華奢なガーター橋とゴツイ近鉄独特の架線柱の取り合わせが面白いですね。
よく見ると途中から橋脚のデザインが変わっています。

ガーター橋1つ取り上げてみても,意外とバリエーションがあります。


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
★★★
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作(ストラクチャー)へ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ