模型

HOナロー ミニセクション完成

n1

n4

まだ腰痛が辛いのですが,気軽に手軽にと言う感じでミニセクションを作りました。
机の上にポツンと置けるサイズで200mm×250mmの超小型サイズです。
今回は特に買い足したものもなく,主に廃材や在庫品でセミスクラッチしましたので
制作費用はゼロ円です。まさに究極のエコだったりします(笑)。

n5

n6

n7

質素な軽便鉄道には,こんな感じの寂しい無人駅が似合う印象です。
しかしかなり小さいセクションですが,雑草関係は結構な量を使いました。
お陰でストックが随分減ってしまいました。案外エコではないですね・・・

お目汚しと言う事で・・・。

御訪問有難う御座いました。

とても簡単な大型凸電

おひさです。相変わらずヘルニアの治療に専念していますが
チョコッとだけHPの方は更新しています。また宜しくドウゾ。

病の事もあってか趣味にもイマイチ乗り気になりません。
そんなこんなで所持しているNゲージ車両の90%を処分しました。
最初はどうしようかとも迷ったのですが,無くなってみると意外と
淡白な感覚でして,無けりゃ無くてもイイカ・・・と割り切れてます。 


散話休題。

88688f11-s

3f0b604a-s

製品名 : とても簡単な大型凸電(南海タイプ)

アルモデルのNゲージブランドであるアルナインから発売されている
真鍮キットで,フリーの凸型の電気機関車になります。 
まぁキットと言っても基本的にハンダ付けも接着も不要の簡易キット
ですから初心者でも簡単に作れてしまうのが嬉しい所ですね。
動力はKATOのBトレなどに使う小型動力をそのまま使用します。
ライトのみを銀河モデルの250W用を使用しましたが後は素組みです。

1ece04b7-s

9a583bf9-s

de165848-s

モールドも必要最低限という感じですが,仕上げ方次第では良い感じになります。
こちらの機関車もとうの昔に売っ払らって現存しません。

久々の更新は若桜鉄道から

御無沙汰でした。相変わらずヘルニアの治療に専念しています。
回復度は残念ながら30%程度で未だ未だなのですが
余り手を動かさないのも腕が錆びそうで怖いのでチマチマとやってました。
(ま,まぁ元々大した腕ではないのですが・・・)

wakasa (1)

wakasa (2)

wakasa (3)

wakasa (4)

製品情報 : 鉄道コレクション第19弾

第19弾ではNDC(Nippon Decimal Classification)と呼ばれる
軽快気動車をチョイスしており,18m級をラインナップとしています。
製品は鳥取県で活躍中の若桜鉄道の車両で,地元沿線自治体の可愛らしい
イラストが施された仕様になっています。また床下機器やディーゼルエンジン等も
細かく再現されてあって,19弾ともなるとこの辺りは手馴れたもんです。

wakasa (5)

車体自体には大きな加工は施していませんが,窓ガラスにカーテンを再現しました。
それから信号炎管やエアホースなどを別パーツで取り付けてあります。
また屋根や床下機器などは,フラットベースを追加した灰色で再塗装してプラ臭さを
緩和してみました。ウェザリングは他車両などと同じくいつも通りのやり方です。

wakasa (6)

次回更新はいつになるか未定ですが,また宜しくお願い致します。
近況報告も兼ねて御紹介させて頂きました。


ミニカー紹介

vw (1)

今回はミニカーを紹介させて頂きます。
サイズは1/87ですからHOナロースケールになりますね。

vw (2)

vw (3)

vw (4)

vw (5)

前回紹介したナローセクションにと思い,同スケールの軽トラを探してたのですが
なかなか国産のものが見つからず,漸くこれを見つけたという訳です。
御覧の通りのワーゲンのトラックです。実車はワーゲンのトランスポーター(バン)
で後部を露出させたタイプになるんだそうで,様々なバージョンがあるみたいです。

製品はドイツ製のシュコーというメーカーです。現在は他の会社の傘下に
なってますが今もミニカーを製造しているそうです。外国製のミニカーなら
そこそこお値段も?と思うかも知れませんが,某量販店で投売りされてました。
ミニカーの世界では1/87は異質な存在なのかも知れませんね?
実際のところ,ミニカーフロアでは少数派でしたし。

ミニカーはボディのみがダイキャスト製でプラと併用したものです。
カラーはバラして全面的に塗り直してます。またワーゲンのロゴも隠しておきました。
幌も付属してますが,私は荷物を乗せて作業車っぽく仕上げてあります。 

 

セクションレイアウト完成へ

top1

・・・と書きましたが路面電車の方ではありません。
併用して同時進行していたナローゲージのセクションレイアウトになります。

top2

top3

何せ私の制作している車両がナローとは言え,サイズも形状もフリーなもので
既製品のストラクチャーが殆ど使えません。お陰で駅舎や構造物はもちろんの事
信号機から農機具まで全てスクラッチするハメになってしまいました。

top4

でもそのクオリティは別として(汗),色んなものを自作して作ってると
凄く面白いというか,想像力を掻き立てられて実に充実した内容になりました。

確かに時間の節約,クオリティの高さを求める事も大切かと思いますが
じっくり1つずつを,自分で作り上げて行く楽しみも忘れちゃいけないと感じました。

サイト の方も御覧頂けると幸いです。

 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
★★★
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作(ストラクチャー)へ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ