模型

(ジオコレ) 喫茶店・カフェ2

20170411 017

製品情報 : 084-2 建物コレクション(駅前歓楽街シリーズ2)


2014年発売分の現行品になります。
コーナーに特化した三角形状が特徴のカフェと,四ツ矢サイダー(笑)のロゴが目立つ
喫茶店です。駅前歓楽街シリーズ自体が,昭和時代をターゲットにしているので
こちらの2つのビルも,やはり何処となく ”懐かしい感” が満載のデザインです。

20170411 018

20170411 019

レイアウトを制作するにあたってネックとなっていたコーナー部分ですが
こう言うコーナーに設置する事を前提にした形状は本当に助かります。
まさにありそうで無かった模型の1つですね。別物でバリ展もお願いしたい所です。

20170411 020

20170411 021

一方,喫茶店が入るビルですが二階部分のテントの形状や一階部分の丸い
装飾窓を見ると,昭和世代の人間は思わずニヤリとしてしまう演出です。
私は昭和の刑事ドラマやサスペンス劇場のヒトコマが思い浮かびました。
きっと店内には赤い公衆電話やテーブルタイプのTVゲームがある事でしょう(笑)。

20170411 022

2つ共良い味を醸し出していますが,同じものを複数個使うと個性が強過ぎて
かえって不自然に見えるかも知れません。この辺りは難しい所ですね。

今回は製品のままで,簡単なウェザリングだけ施しておきました。
時代設定にもよりますが,昭和の建物にはウェザリングが良く似合います。

オリジナルの軽便車両(単端)

Nゲージの既製品が殆どの世界で,一体何人の方に
見て頂けてるのか・・・非常に不安ではありますが(笑)
今回は当サイトで展開中の軽便車両を御紹介します。

kiha03 (1)a

kiha03 (2)

kiha03 (3)a

kiha03 (4)

KATOの小型動力を用いて作ったナロー(風)車両です。
(風)と付いてるのは完全なフリーで,正確なスケールが無い為です。
各社パーツやジャンクパーツを使用していますが,ボディは0.3mmの
プラ板でスクラッチしています。屋根は4mmのバルサ材です。

最初はナローも既製品が欲しかったのですが,この世界の模型も
結構お高いので,私には到底買い揃える事ができません。
だったら手作りで良いじゃん・・・というのがきっかけでした。
今はスクラッチの方がユルくて好きです(笑)。

kiha03 (9)


お目汚しにもなりませんが,勇気を出して(笑)御紹介させて頂きました。

 

鉄コレ改造のフリーディーゼルカー

今回は趣向を変えて,当サイトの架空地方鉄道の車両を御紹介します。
どちらも鉄コレのフリー12m級をプチ改造したディーゼルカーです。 

a_20160909-191753

a_20160909-191919

a_20160909-191931

img_20160909-190538

まずはキハ420形です。気動車なので屋根の機器類を削り落として
GMのキハ04に付属していたバケットを片側に付けました。
ライトは銀河の250Wを直接オデコにくっ付けてます。

a_20161007-180432

a_20161007-180243

こちらは同じくGMのキハ04の前面と,鉄コレ12m車を合体させて作ったキハ200。
前面と側面の高さが違ったので,合わせるのに非常に苦労した記憶があります。
廃車寸前のオンボロ気動車という設定にしましたので,派手に汚してみました。
御供の客車はGMの板キットの旧国をショーティー化したものです。
台車が電車風なのが残念ですが,軸間が合うレリーフ台車が無かったので
仕方ありませんでした。まぁあくまで雰囲気重視と言う事で・・・。

因みにこの作品の屋根はエアブラシを使わず筆塗りだけで再現してあります。
上手にやれば意外とエアブラシを使用しなくても良い感じになるものです。
 

(グリーンマックス)路面電車停留場

0tei (1)

0tei (2)

0tei (3)

0tei (4)

0tei (5)

製品情報 : グリーンマックスNO46-2 路面電車停留場


割と昔から販売されているプラキットですね。
製品には対向式のホームが2面,簡易停留場タイプが2つの計4つの
乗り場が制作出来る様な構成になっています。また付属品も充実していて
使い方次第では自分也にアレンジした停留場が作れます。

現在制作中の路面電車のミニレイアウトは単線仕様になっていますので
私は1つだけを制作しました。本来ならば端にスロープが付いた構成なのですが
制作中のレイアウトは,ホームと道路の高さが面一になる様にしてますので
横から乗車するタイプに変更してあります。また広告や看板などはプラ板の上に
ジオコレのシールの余剰品を貼って,あちらこちらに設置してみました。

0tei (6)

道床付き線路だと若干高さが合いませんが,まぁ許容範囲でしょう。
製品にはジオコレ同様に,ややキツイ目のウェザリングを施してあります。
言うまでもありませんが,このキットは無塗装ですから自分で塗る必要があります。

0tei (7)

こちらは簡易タイプです。自作できそうですがキットがあると楽です。


(ジオコレ) BAR・寿司店

snack (1)

製品情報 : 建物コレクション131 BAR寿司店

塗装からみて2014年に発売されたオープンパッケージのものかと思います。
以前ここで紹介した 肉屋 とパン屋の3件セットで発売されていた様です。


snack (2)

snack (3)

snack (4)

私は肉屋さんと一緒にバラシの状態で手に入れました。
このモデルも昭和に見られた店舗を上手く再現してありますね。
寿司屋なんかは下町にありそうな佇まいで,特別な高級店という造りではなく
近くの常連客が通う店みたいなのを勝手に想像してしまいます(笑)。

snack (5)

今回は色変えもせず,そのままの状態で墨入れとドライブラシで仕上げています。
また歩道の部品が不足してましたのでプラ板&棒で自作しました。

ジオコレの場合,看板や手摺といった付属品は軟質のプラ素材を使用していますので
どうしても厚ぼったい造形になりますが,接着剤不要で簡単に組み立てられるのを
ウリにしている所もありますから,仕方ないといえば仕方ないでしょうね。

この辺りはGMやKATO製のストラクチャーに軍配があがりそうですが,種類の豊富さ
や廉価さを考慮するとジオコレも全然悪くはないです。まぁ精密な造形を求める方は
自作する方が殆どなので,あくまでも手軽で気軽な部類になるのでしょうかね?

・・・とは言え最近ジオコレも妙に値段が上がって来てる気がするんですけど。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
★★★
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作(ストラクチャー)へ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ